三上康雄が自主映画初の16mm時代劇映画として監督しました「蠢動」。そして、劇場用映画の第一作「蠢動-しゅんどう-」。さらに新作「武蔵-むさし-」を紹介いたします。

■蠢動-オリジナル版-(1982年作品)

かいせつ  “時代劇を追求し続ける自主映画作家”として注目を集める三上康雄監督が、プロの協力を得て完成した、自主映画初の16mm時代劇映画。封建制度の中での義を主題に、雪中を走る、斬るの時代劇。雪に覆われた鳥取砂丘での殺陣もある。出演は西田良、汐路章、玉生司朗、古川京子といったプロの役者の他、映画評論家の松田政男、監督の三上康雄など。撮影はTVドキュメンタリーを撮り続ける岩井銀二、編集は「蔵の中」の木村幸雄、録音は「水戸黄門」の中川清が担当している。

ものがたり 享保17年。享保の大飢餓の最中、山陰の因幡藩の財政は破綻寸前であった。それにつけ込み幕府は無理難題を押しつけ改易を目論む。そして幕府の使者が視察に来る前夜、幕府から遣わされていた剣術師範・松宮が殺害される。翌朝、城代家老は討伐隊を結成し、下手人として香川を討ち取るように命じる。討伐隊々長に選ばれた原田をはじめ、隊の面々は香川とは知己の仲であった。香川、原田、討伐隊、城代家老が、それぞれに正義を主張しながらの壮絶な戦いがはじまる…。

出演 西田良、汐路章、玉生司朗、古川京子、松田政男

(かいせつ、ものがたりは、キネマ旬報・映画データベースより転載)

■蠢動-しゅんどう-(2013年作品)

かいせつ  時代劇映画ファンが大絶賛し、全国85館で公開され、ハワイ、ダラス等の国際映画祭等でも大反響を巻き起こした、本格正統時代劇映画。出演は、「一命」(2011年)、「のぼうの城」(2012年)等の時代劇映画の話題作で存在感を放つ平岳大、そして、若林豪、目黒祐樹、中原丈雄、栗塚旭、さとう珠緒、脇崎智史らの豪華実力派キャスト。さらに、殺陣の久世浩(「たそがれ清兵衛」「必死剣鳥刺し」等)、照明の宮西孝明(「最後の忠臣蔵」「鬼平外伝」等)、音響効果の伊藤進一(「蝉しぐれ」「桜田門外の変」)など、時代劇映画の最高峰のスタッフが集結。監督は、関西自主映画界の雄といわれ、1982年に自主映画初の16mm時代劇「蠢動」を監督し、今作で日本映画監督協会の新人監督賞にノミネートされた三上康雄。全編オールロケで、三重の伊賀では重要文化財の建物内での撮影、京都の美山、滋賀の朽木、福井の勝山では雪中で撮影。倭太鼓飛龍の荒太鼓が激震する、圧倒的な緊迫感とリアルな殺陣の本格正統時代劇。(海外用タイトルは「BUSHIDO」)

出演 平岳大、若林豪、目黒祐樹、中原丈雄、さとう珠緒、栗塚旭、脇崎智史

ものがたり等は「蠢動-しゅんどう-」公式サイトをご覧ください

■武蔵-むさし-(2019年公開予定)

かいせつ  時代劇映画ファンより圧倒的な支持を受け、海外でも絶賛された「蠢動-しゅんどう-」の監督・三上康雄が平成時代劇映画の頂点を目指し“武蔵”に挑みます。過去、何回も小説や映像化された宮本武蔵。 今作は史実に基づいたオリジナルストーリーで、「なぜ、武蔵は戦い続けたのか?」「なぜ、武蔵は勝てたのか?」「なぜ、吉岡一門、さらに、佐々木小次郎は武蔵と戦ったのか?」「剣によって、己の人格は高められるのか?」「佐々木小次郎とは、いかなる人物だったのか?」等々の疑問に迫り、“本物の武蔵”を描きます。本格正統時代劇にふさわしいスケールと展開、複層するストーリー。重厚なドラマを織り込む出演者は、松平健、若林豪、清水綋治、目黒祐樹、中原丈雄、水野真紀らのベテラン俳優陣に、細田善彦、原田龍二、遠藤久美子、半田健人らの新鋭、中堅陣らが重厚なドラマを織り込みます。もちろんのこと、吉岡清十郎、吉岡伝七郎、吉岡一門との一乗寺下がり松、鎖鎌、十字槍、そして、佐々木小次郎との巌流島、武蔵のすべての戦いを迫力ある殺陣で描きます。オールロケによるリアルな映像。津軽三味線による力強い旋律。歴史のうねりを縦軸に、それぞれの正義の激突を横軸に、誰もが描かなかった“本物の武蔵”の映画、それが「武蔵-むさしー」。(海外用タイトルは「MUSASHI」)

出演(登場順) 細田善彦(新免武蔵)、原田龍二(吉岡清十郎)、清水綋治(吉岡七左衛門)、木之元亮(吉岡家の高弟・大島)、秋月成美(吉岡家の行儀見習い・倫)、目黒祐樹(細川家の重臣・沢村大学)、中原丈雄(所司代・板倉勝重)、武智健二(吉岡伝七郎)、遠藤久美子(武蔵の姉・吟)、半田健人(細川家の家老・長岡興長)、瀬戸さおり(百姓・サエ)、若林豪(禅僧・太木慧道)、水野真紀(小次郎の妻・ユキ)、そして、松平健(佐々木小次郎)。

(予 告 篇)